0995-43-7772

ブログBlog

Blog

0995-43-7772

営業時間

【平日】9:00~12:00 / 14:30~20:30
【土曜】9:00~15:00

定休日

水曜午前・日曜・祝日

Home > ブログ > 交通事故での整骨院の通い方

ブログ

交通事故での整骨院の通い方


自動車などを運転していたらどんなに気をつけていても起こってしまうのが交通事故です!
そんな交通事故ですが、皆様は交通事故で怪我をしてしまった際に自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使って整骨院に通えるのをご存知でしょうか?
今回は交通事故での負傷で整骨院へどうやって通えばいいのか?慰謝料は貰えるのか?
などを、できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

目次

交通事故直後の対応の流れ

交通事故直後の対応の流れについて説明します。
交通事故で使われる自動車保険の詳しい話は下記の記事をお読みください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1、まずは車を停めて負傷者がいないか確認

交通事故に遭ってしまった(被害者)起こしてしまった(加害者)方はすぐに車を停めて負傷者がいないか確認をしてください。もし負傷者がいる場合は救急車を呼ぶなどの対応を必ずしてください。
また、交通事故を起こしてしまった方は特に冷静になってくださいね。誰でもパニックを起こしてしまうと正しい判断が出来なくなるものです。間違っても逃げないようにしてくださいね!

2、警察へ連絡をする

物損事故・人身事故に関わらず警察(110番)に速やかに連絡しましょう。
警察への届け出は運転者の義務です(道路交通法72条1項)また、運転者が負傷して連絡ができない場合は同乗者の方などがするようにしてください。
また、物損事故と人身事故では警察の現場検証の対応が少し違いがあるみたいですので、負傷者がいる場合は警察にもしっかりと報告しておきましょう。

稀に加害者側から警察には届けないで欲しいと言われることがあるみたいです。しかし、そのような場合は必ず断ってください。上記で述べたように、法律上警察への届け出は運転者の義務になっています。その様なことを言われたら「法律上届けなければいけないようになっていますので・・・お気持ちは分かりますが・・・」と丁寧にお断りをしましょう。

3、事故現場の状況の記録と相手の情報を確認する。

警察へ連絡をしたら警察が来るまでに事故現場の状況をスマートフォンやデジカメで写真を撮っておきましょう。また、相手と自分の自動車などの損傷部位も忘れずに撮っておきましょう。

次に相手の情報を記録しましょう。
氏名、住所、連絡先などをメモに残しましょう。相手の任意保険(会社名と担当者がわかっている場合は担当者名も)と自賠責保険(会社名)の確認も忘れずにしましょう。

また、どんな事故でも自分達同士で金銭(修理代や慰謝料など)の話はしないようにしましょう。
過失割合などは双方の任意保険会社が今までの資料を元に過失割合を決めますので、金銭(修理代や慰謝料など)のことは保険会社に任せましょう!

4、任意保険会社に連絡

最後に任意保険会社に連絡しましょう!
どのような交通事故であっても任意保険会社に連絡するようにしましょう!過失はないと思われても過失がある場合もあります。また、相手が任意保険に加入しておらず自分の保険を使うことになることもあります。ですので、100%の被害事故だと思っても自分の任意保険会社には必ず連絡をしましょう。
また、任意保険には人身傷害保険や搭乗者傷害保険などの保険がついていることもあり、自分の車の搭乗者の怪我を補償してくれます。過失の有無に関わらず保険金を支払ってくれます。

整骨院に通うまでの流れ

交通事故の事故処理後に身体の痛みがある場合は病院もしくはallage整骨院に通うようにしてください。
その日に痛みがなくても2〜3日後に痛みが出る可能性があります。交通事故後2週間以上経ってから病院やallage整骨院に行こうと思っても交通事故との因果関係が認められず、通うことができないこともありますので、痛みや不調を感じたらすぐに行くようにしてください。

病院を受診、またはallage整骨院に相談

人身事故の場合は警察に病院の診断書を提出しなければなりません。allage整骨院に通うにも病院の診断書が必要になりますので、まずは病院を受診し診断書をもらってください。この時に痛みや不調があるところを全て伝えてください。診断書に記載がない部位は施術ができないこともあります。ですので、些細なことでも医師にしっかりと伝えましょう。
allage整骨院では病院に行く前に利用者様が来られることがよくあります。その際は的確に検査などを行い、どこが悪くなっているのかをお伝えできますので病院での受診がスムーズになると思います。
病院に行く前にアドバイスできるので交通事故後は、まずallage整骨院にご相談ください。

相手の任意保険会社にallage整骨院に通う旨を伝える、またはallage整骨院に相談

病院を受診したら相手の任意保険会社に整骨院名や電話番号、住所などを伝えてください。
そうすれば、任意保険会社からallage整骨院に連絡が来て通うことが可能になります。
任意保険会社によっては整骨院ではなく病院に通うように強く言ってくるところもあるみたいですが、お仕事をされていたり、多忙な方などは病院の診療時間に間に合わないこともよくある話です。その旨をしっかりお伝えいただければallage整骨院にしっかり通うことができます。

allage整骨院に通う

任意保険会社に連絡を済ましたら、allage整骨院に通って頂けます。
allage整骨院では丁寧に話をお聞きし、状態を確認してから施術に入ります。

また、allage整骨院では月に1〜2回程度は病院に通院することをオススメしております。allage整骨院と病院を併用していただくことで現在の身体の状態や的確な施術期間や的確な慰謝料を受け取っていただくことが可能になるからです。

また、入院が必要な場合や内臓や神経損傷などは病院での治療
それ以外の事やレントゲンで骨には異常がないが身体に痛みや不調がある時は軟部組織の損傷がある為、このような場合はallage整骨院がオススメです!
施術期間については身体の状態で皆様違いますが、平均的な施術期間は3〜6ヶ月くらいになります。
交通事故では日常生活では痛めないような部分の損傷があることもあり、放っておくと痛みが取れないことや10年後、20年後に痛みが出てきてしまうなど大変な事になりかねません。
交通事故で大切なことは、少しでも早く施術を開始すること、痛みが取れるまでしっかり施術を受けることです。

窓口の料金や慰謝料について

交通事故で通いたいけど負担額はいくらなの?整骨院に通っても慰謝料はもらえるの?
そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ここではその事についてしっかりご説明致します。

窓口の負担について

自賠責保険を利用することで窓口負担金は0円です。
なぜかと言うと、通われている方の施術費をallage整骨院が任意保険会社に請求するからです。ですので安心してallage整骨院に通われてください。
ただ、被害者請求や加害者請求などの場合は窓口負担金がかかる場合もあることがあります。
わからないことがあれば気軽になんでもallage整骨院にご相談ください!

慰謝料について

allage整骨院に通われた場合でもしっかり慰謝料は出ます。
慰謝料の計算方法は2種類あり、どちらか少ない方が支払われます。
簡単な慰謝料の計算を例を出してご紹介致します。

9月1日からallage整骨院に通い始め、9月30日に施術を終了しました。その間病院と併せて10回の施術を受けました。通った期間は30日間です

① 実施術回数×4,200円×2
 10回×4,200円×2=84,000円

② 通った期間×4,200円
   30日間×4,200円=126,000円

①と②だと①の84,000円が少ないので支払われる金額は84,000円になります。

以上が簡単な慰謝料の計算になります。
allage整骨院に通った場合でもしっかり慰謝料は支払って貰えますので安心して通われてください。
施術期間の延長や慰謝料の増額などは弁護士の方に相談していただく事で施術期間の延長や慰謝料の増額ができることがあるみたいですので、任意保険の弁護士特約がついている方は弁護士の先生に相談するのも良いかと思います。もしくは交通事故相談窓口へご相談ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?交通事故後の流れが少しでもわかったでしょうか?
交通事故はいついかなる時でも起こってしまうものですから、交通事故が起こってしまう前から少しでも理解しておきましょう!

allage整骨院では「交通事故専用無料相談窓口」を設けておりますので、施術のことはもちろん、慰謝料のことや示談までのこと、保険会社の対応の仕方など、なんでもお気軽にご相談ください。



併せてこちらの記事もどうぞ!

シェアするShare

ブログ一覧